マラソン五輪選考大会!なぜ皆ピンクのシューズなの?気になるその謎は?

マラソン五輪選考大会を見ていて、ふと選手のシューズに目をやると、ピンクのシューズを履いている方が多いのに気が付きました!

それぞれ、所属しているチームは違うのになぜ?!と疑問を持ったので調べてみました。

ピンクのシューズはどこのブランド?

マラソン選手が履いているシューズは様々あるのですが、ここ最近目立つのはピンク色なんです。

一体、どこのブランドなんだろう?と気になりますよね。

‟マラソン・ピンク・靴”

で検索してみると、色々なメーカーのシューズが出てきました!

こちらはasicsです↓

こちらはNIKE↓

こちらはニューバランスです↓

有名メーカーでは、それぞれピンクのシューズが出ていました。

じゃあ、大会に出るような選手が履いているシューズは一体どこのブランドの物なのか調べてみると…

こちら『ヴェイパーフライNEXT%』という商品であることが分かりました。

引用:https://www.nike.com/jp/t/ナイキ-ズームx-ヴェイパーフライ-ネクスト%EF%BC%85-ランニングシューズ-Nv2mBJ/AO4568-600

ヴェイパーフライはどんな靴?何がすごいの?

このヴェイパーフライnext%は、【マラソンの常識を打ち破った史上最強のシューズ】と言われていたヴェイパーフライ4%の進化系なのです。

世界のトップ選手がヴェイパーフライ4%を履いて次々と良い記録を出したところから日本の選手にもブームが広がったとの事です。

なんと、この東京マラソン2019でも、男女上位10人中、7人がヴェイパーフライ4%だったと言われています。

特徴1 厚底でクッション性に優れている

このシューズ、ヴェイパーフライ4%より15%底が厚いと言われています。ヴェイパーフライ4%は底がなんと33mmです。

少し前はマラソンシューズと言えば、厚底のシューズとは反対の薄い底で裸足感覚を感じるようなシューズが一般的でした。

このヴェイパーフライについては、

ヴェイパーフライの厚底ソールは、着地の衝撃から足を守る役割がある。また、ソールの内部にはカーボンファイバーのプレートが埋め込まれており、ふくらはぎに負担をかけることなく「足指が曲がる時のエネルギーロスを抑え、次への一歩につながる推進力とスピードを生み出す

という厚底に隠された特徴が見られます。

特徴2 軽い!!

今までも軽いシューズはたくさん出てきました。

このヴェイパーフライは170gとびっくりするほど軽いのです!

普通のスニーカーでも重さは片足で300g~400gあると言われています。

それを考えると厚底でその軽さはスゴイですよね。

足も疲れにくく、もちろん速さに貢献してくれます。

特徴3 地面を蹴らなくても足が勝手に進む?

そして最も特徴的なポイントが、このシューズを履いて走ると「前に倒れるような感覚」を感じられるという事!!

普通だったら、地面に着地して前に進むために地面を蹴る、という動作が必要になってきますが、地面を蹴らなくても足が勝手に進むという感じになります。さらに、カーボンプレートによる反発や軽さがそれに上乗せされ、地面を蹴るための力を温存できるので、後半のペースアップに向けて足を残しておくことができるように思えました。

とあるように、蹴る力を温存できるという事から、長距離を走っても疲労感がほとんどないという事です。

体力勝負のマラソン選手にはここは大きい作用なのではないでしょうか?

どんな選手が愛用している?

ここまで、このヴェイパーフライが素晴らしいシューズだと分かりましたね(*^^*)

さて、このヴェイパーフライを愛用している選手は一体どのような方々なのかを見ていきたいと思います。

設楽 啓太選手

・大迫 傑選手

・掘尾 謙介選手

・中村 匠吾選手

・服部 勇馬選手

・設楽 啓太選手

など、数々の名選手がこのシューズを愛用していることが分かります!

こちら設楽選手のコメントになります。↓

普段の練習でもナイキ ズーム ヴェイパー フライ 4%を多く履いていますが、マラソン練習をする上で走った後の疲労感がまったくないし、足への衝撃も少ないです。マラソンを走る上で一番合っているシューズだと思います。

2019.9.15のマラソン五輪選考大会では

1位 中村 匠吾選手

2位 服部 勇馬選手

3位 大迫 傑選手

でしたね!

なんと上位3位が、新作のヴェイパーフライnext%を履いていました。

実は、このヴェイパーフライnext%のピンク色は、9/15のマラソン五輪選考会の日に発売されたとの事!

これから大注目されるシューズになりそうです!

まとめ

シューズ一つで、記録が変わることはもちろん、体力温存にもつながることが分かりました。

シューズの世界も日々研究がなされていますし、メーカー側も現時点でも研究が進んでいるかと思います。

また、新たなシューズが発表されていくかと思いますが、このヴェイパーフライはマラソンをしている方にとってみたら一度は履いてみたいシューズではないでしょうか(^^)

東京オリンピックが2020年に行われますが、これからのマラソンのレースを応援しつつ、改めてシューズにも注目してみたいですね♪

スポンサーリンク
336