【凪のお暇】の3つの秘密!?さらに楽しく見られるポイントを公開!

こんにちわ。

ドラマ【凪のお暇】が終盤を迎えようとしています。ドラマ好きの方々にもかなり評価が高く、今期一番のヒットといっても過言ではありません(^^)

ドラマを見ている方ならご存知の登場人物ですが・・・

大島凪(黒木華)

我聞慎二(高橋一生)

安良城ゴン(中村倫也)

の3人が大きな登場人物ですね(^^♪

ふんわりした雰囲気の凪、不器用な慎二、ほんわり謎めいたゴンの展開する物語に毎回ワクワクします!

そんな【凪のお暇】を見るにあたってただ見るだけではもったいないもったいないのです!

秘密とも言える見どころポイントがあるのをご存知でしたか?

今回はその見どころポイントについて書いていこうと思います。

秘密1 名言がすごい!

名言1【スナックバブル・ママ編】

武田真治さんが演じるスナックバブルのママ・森蔵は、店名の通りバブリーな装いをしています。

その森蔵ママがこれまでいくつかの名言を残してきました。

「何で相手に会話のボールを投げてもらう前提なの?何様?あんた、他人に興味がないのよ」

これは、凪ボーイがお客さんとうまくコミュニケーションがとれず悩み、‟お店のお客さんと上手にキャッチボールができるように。せめて投げてもらったボールを変な方向に飛ばさないように”という本を読んでいるときに、ママが凪に言った言葉です。

‟なんで相手に会話のボールを投げてもらう前提なの?”

うーん、深い!

たしかに自分に置き換えても、話が弾まない時、自分は受け身でいることに気付きました。

自分から相手に何か話しかけてみようかな!という意識が薄いです。

それで、「あぁ、今日は話しが弾まなかったな…。やっぱり自分は楽しい会話は無理なんだ。」なんて思ってしまうことも多々あります。

森蔵ママの言葉を聞いて、( ゚д゚)ハッ!っとしました。

待ってるだけじゃなくて自分から会話を引き出す事=心を開く事が大切なんだなと感じました。

名言2 【大島 凪】編

主人公の大島凪は、周りの空気を壊さないように、空気を読むことに集中して苦しくなっていました。

彼氏や同僚に気を使い、顔色を覗いながら生きてきて、「もうそれが嫌だ」とすべて投げ出し、知らない土地へ一人越したのです。

その潔さはカッコいい!!の一言!

そんな中、元カレ慎二が新しい居場所にも訪ねてきます。

そして、再会…。

その時に凪が慎二に言い放った言葉がこれです。

「もう空気読みたくない。だって空気って読むものじゃなくて、吸って吐くものだと思うから」

このセリフから、今までまわりの空気を読んで生活していた凪が、自分の人生を歩み始める決意をした強い気持ちの決意の表れが読み取れます。

でも、空気読む気持ち、分かります…。

周りに嫌われたくないし、できれば平和に過ごしたい…。

自分さえ我慢すればうまくいく…。

私もそんなです、正直。

だけど、ずっとそうしてると自分がどうしたいのか、自分の気持ちが分からなくなっちゃいますよね。

自分の人生を生きるって決めた凪が、力強く見えます。

どんどん、うわべの皮を剥がしていくとそこに本当のキラッキラした自分がいるのでしょうね。

自分を生きていいんだ!と励まされます。

頑張れ~!!って応援したくなる言葉です(*^^*)

名言3 【うららちゃん】編

うららちゃんは同じアパートの隣人です。

うららちゃんのお友達のお母さん達が、「うららちゃんと遊ばないように」と裏で子ども達に言い聞かせていた事もあり、お母さんたちの前ではお友達と遊びにくかったうららちゃん。

ある日、お友達のお母さんを、自分の母親が働いている現場に連れていったあのシーンは感動モノでしたね。

その帰り道、母親らがいないところで、お友達同士で笑顔でバイバイをしていました。

そのうららちゃんが凪に言ったセリフです。

一緒にいて楽しい子は自分で考えて選べるし。

そうだよね。そうそう!

子どもって親にお友達について何だかんだ言われる事もあるんです。

私も経験ありますが「あの子と付き合うのはやめなさい」とか…。

だけど、友達の事をとやかく言われる事が私はホントに嫌でした。

私の友達は私が選ぶ

実は子どもって親が思っているより、自分の考えをしっかり持っているしずっと大人なんだと思います。

秘密2 出てくる料理が魅力的!

ドラマをずっと見ている方はお気付きかもしれませんが、料理が所々出てきますよね。

そのいくつか出てきた料理がすごいアイディア満載なんです(^^♪

おいとま料理1 パン耳ポッキー

凪の上の階に住む三田佳子演じるおばあちゃんが手作りしていたこのおやつ。

パンの耳ってラスクしか思いつかなかったのですが、ポッキーとは!!

しかも美味しそう(*^^*)

クックパッドに作ってみたいレシピがありましたので載せてみます。

https://cookpad.com/recipe/4946682

おいとま料理2 ロールレタス

ロールレタスは凪がゴンの家でゴンを待ちながら作った料理です。

出典:E・レシピ

普通、キャベツでつくるところをレタスで作っています。

「へぇ~レタスでもできるんだ」と感心したし、こうでなきゃダメっていう固定観念にガチガチになってない?というメッセージかもしれませんね。

材料 (2人分 4個)・レタス 4枚

・豆苗 1株

(A)
  • 鶏ひき肉 100g
  • 玉ねぎ 80g (みじん切り)
  • しょうが 10g (みじん切り)
  • 木綿豆腐 1/4丁 (80g) 水気を切っておく
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々
(B)
  • 市販のめんつゆ 100ml
  • 水 600ml
  • 3倍濃縮のものを6倍に希釈しています。
    商品によって塩分濃度が違うので、表記を参考にしてください。
作り方

  1. 豆苗は根の部分を除く。そのうちの12本を湯通しし、冷水に取って冷まし、3本一組にして紐になるように結ぶ。レタスも湯通しし、冷水に取って冷まし、水気をふいておく。
  2. ボウルに (A) を入れてよく混ぜ、塩、こしょうを加え4等分に分ける。(1) の残りの豆苗の半量を4等分に分ける。
  3. レタスに (2) の種、豆苗の順にのせて巻き、(1) の紐にした豆苗で結ぶ。
  4. (3) と (B) を鍋に入れて蓋をし、中火で約15〜20分煮て、残りの豆苗を全て入れてさらに3分煮る。

おいとま料理3 豆苗雑炊

この料理は、凪と慎二の回想シーンで出てきます。

節約のため、豆苗を育てている凪が作ってくれた節約料理です。

実は豆苗ってすごく栄養があるんですよ。

緑黄色野菜なので、βカロテンが豊富で、ビタミン類も充実。その中でもビタミンKが他の野菜と比べずば抜けて多いのが特徴です。

ビタミンKは骨の形成を助けるビタミンで、

成長期はもちろん、成人の大人も取り入れたい栄養素です。

また、妊婦さんに必須な葉酸もたっぷり入っているので、妊婦さんにも是非おススメしたい食材です(^-^)

材料 (1人分)

  • かつお出汁 180〜200ml
  • しょうゆ 小さじ1〜2
  • 白飯 100g
  • 卵 1個
  • 豆苗 1/6株 (約10g)
作り方

  1. 豆苗は、根の部分の除き、3等分に切る。
  2. かつお出汁を凍ったまま鍋に入れて火にかけ、完全に溶けたら、しょうゆを加えて混ぜる。
  3. 白飯、豆苗を加えて、ひと煮立ちしたら卵を回し入れ、ふんわりと固まったらできあがり。

秘密3  凪のTシャツが可愛い!

実は、凪ちゃんが着ているTシャツが毎回かわいい事にお気づきの方もいると思いますが、オシャレで時におもしろくて可愛いんです。

Tシャツって、なかなか着こなしが難しいし柄選びも迷うと思うのですが、凪ちゃんは普段着のようにサラッと着ているけれど、とっても似合っていて個性が出ていますよね♪

その中でも私が気になったTシャツがこちらです!

一つ目…↓

https://twitter.com/nagino_oitoma/status/1167414368721494017

それから二つ目がこちら!!↓

https://twitter.com/nagino_oitoma/status/1162338192340553728

めっちゃキュートです(*^^*)

欲しくなっちゃいますね♪

まとめ

大人気の凪のお暇も、もうそろそろ最終回です。

凪ロスになる方もたくさんいるかもしれませんね(>_<)

残り少ないですが、【凪のお暇】もっと面白く見る秘密のポイントをご紹介しました。ちょっと意識して見てみるともっとドラマを楽しめるかもしれません(*^^*)

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
336