佐藤可士和の嫁がすごい!反町家ドーベルマンとのトラブルの真相とは?

エンタメ・テレビ
画像出典:

4/1(木)23:06〜23:55に放送される【カンブリア宮殿】にクリエイティブディレクターの佐藤可士和さとうかしわさんが出演します。

ユニクロなどの有名企業のブランド戦略を数々手がけており、そして成功に導いてきた佐藤可士和さん。

日本を代表するクリエイティブディレクターを支えている奥様は一体どんな方なのか気になったので調べてみました。

また、あの反町隆史さんの愛犬のドーベルマンとトラブルに巻き込まれたという噂があるので真相を探ってみました!

今回は【佐藤可士和の嫁がすごい!反町家ドーベルマンとのトラブルの真相とは?】という内容でお届けしていきます(^^)

スポンサーリンク

佐藤可士和の嫁がすごい!あげまんって本当なの?

まずは佐藤可士和さんについて知らない方もいると思いますので、プロフィールをご紹介しますね♪

名前:佐藤 可士和(さとう かしわ)

生年月日:1965年2月11日

出身:東京都

経歴:成城高等学校卒業。お茶の水美術学院を経て、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科進学し卒業。2000年に独立し、クリエイティブスタジオ「株式会社SAMURAI」を設立し代表取締役に就任する。クリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー。

主な仕事:・ホンダステップワゴンなどのTVCF ・SMAPのアートワーク ・NTTドコモのプロダクトデザイン ・ユニクロ・GUのデザイン ・セブン-イレブンのブランディング ・幼稚園や大学、病院のブランディング ・楽天グループ、NHK教育テレビ「えいごであそぼ」のアートディレクション ・ ホンダのロゴデザイン他にも数々…。

愛車:ポルシェ・911ターボ カブリオレ

仕事内容を見るだけで多彩ですごい方なんだな~と分かりますね!(^^)!

あのユニクロGUのロゴデザインや、セブンイレブンのブランディング(ブランドを形作るための様々な活動)をなされているのも佐藤可士和さんなのです。

 

そんな可士和さんの奥様は一体どのような方でしょうか?

ここから奥様についてみていきましょう(^^)

名前は【佐藤悦子】さん。

実は、可士和さんが代表の「SAMURAI」で働いており、可士和さんのマネージャーでもあるのです。

名前:佐藤悦子(さとう えつこ)

生年月日: 1969年11月3日

出身:東京都

出身大学: 早稲田大学教育学部

職業:クリエイティブマネージャー

そんな奥様の悦子さんは、あげまんとして有名なんですよ!

なぜなら、可士和さんがまだ無名の時代から現在の姿になるまでプロデュースしたのが悦子さんだったのです!

まだ”アートディレクター”という仕事そのものがまだあまり世間に知られていませんでした。

そして悦子さんはこう考えました。”アートディレクターの佐藤可士和”をブランディングをしようと。

雑誌の編集部などへの地道な売り込みからのスタートだったそうです。

こんなにも有名な方であっても、初めから有名だったわけではないのですね。

目指したのは【アートディレクターといえば佐藤可士和】と誰もが分かってくれるようになることだったと言います。

可士和さんも漠然とアートディレクターとして評価されたいと思っていたのですが、思うだけでは辿り着けないことを悦子さんは知っていたのでした。

そこで実行したのが、彼の事をブランディングすることでした。

可士和さんもこう言っていました。

彼女には見えていたんですね。
遠くしか見えてなかった僕に、彼女は具体的な方法論を示しました。

結果的に、奥様の悦子さんは夫の可士和さんを時代のアイコンにすることに成功したのです(^^)/

なんて素晴らしい女性なんでしょう!!

可士和さんの奥様が悦子さんでなければ、運命は変わっていたかもしれませんよね?!

このエピソードから奥様の悦子さんは究極の”あげまん”と言っても過言ではないのでしょうか。

スポンサーリンク

反町家ドーベルマンとのトラブルの真相とは?

ここからは可士和さんの奥様の悦子さんの実際にあったトラブルについて探っていきたいと思います。

俳優の反町隆史さんご一家と佐藤可士和さんご一家は同じマンションに住まわれていたようです。

以下、週刊誌の引用でありますが詳しい内容が載っていました。

2012年頃に起きた事件になります。

(※A子さん=佐藤悦子さんという事です。)

反町の娘は、愛犬の散歩のためカイザーを2階フロアの共有スペースに連れ出していました。
そのときA子さんと子どもは1つ上の3階フロアの廊下を歩いていたのです。

すると突然カイザーが暴走し、反町の娘を半ば引き摺るようにして3階に駆け上がった。
そしてカイザーはリードをふりほどき、A子さんと子どもに襲い掛かるように突進していったそうです。

そもそもドーベルマンは力が強く、とても6歳の子供の手では引っ張りきれるわけもない。
カイザーはとっさに我が子を守ろうと盾になったA子さんの太腿に咬み付き、そのままずっと離れなかった。
A子さんの子供は横でおびえて泣いていたそうです。

A子さんはカイザーを引き離そうと、痛みに耐えながら、持っていたカバンでカイザーを叩き続けたが、びくともしない。

一方、どうしていいか分からずパニック状態の反町の娘は、階下の母親、つまりは松嶋菜々子を呼びに行ったという。

「尋常ではない娘の様子に、松嶋は家政婦とともに駆け付け、ようやくカイザーを引き離した。
A子さんの子供は無事だったものの、A子さんの傷は深く、計5回も通院する羽目になりました」

ドーベルマンとはこのような犬ですね。

ドーベルマンは、軍用犬・警察犬また盲導犬等として各分野で活躍する頭の良い犬です。『犬のサラブレッド』とも言われています。

飼い主に対しては従順ですが、家族以外の人間や他の犬に対しては警戒心が極めて強く、攻撃的になり易い側面も持っているそうです。

大きさは、オスで40~45kgということですし、軍用犬にもなるくらいですからかなり力はありそうですね。

事件後、反町さん側が治療費・慰謝料で31万円程を払うことで示談が成立されました。

しかしその後に、今度はマンションの管理会社が反町さん側を訴えました。

判決は”385万円”を反町さん側が佐藤さん側に支払う、という結果となったそうです。

反町さんは納得がいかないようでひと悶着あったようでしたが、そこは和解されたのでしょう。

佐藤さんご一家は、そのマンションから早々引っ越したそうです(>_<)

 

まさかそのような事件があったとは驚きです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は【佐藤可士和の嫁がすごい!反町家ドーベルマンとのトラブルの真相とは?】についてまとめてみました。

佐藤可士和さん自身も大変才能あふれる方ですが、奥様の支えとプロデュースがあったからこそここまでこれた事には間違いありませんね(^^♪

賢い行動力のある女性、憧れます。

佐藤悦子さんの著者も面白く参考になるのでおススメです!

ドーベルマンに噛まれた事件についても、ビックリな内容でした。

こんなことがあったら犬全般がトラウマになってしまいますよね(>_<)

 

今後も佐藤可士和さん、悦子さんご夫婦の活躍を期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました